シール専用超音波厚さ計 UDM-1200

帝通電子研究所

非破壊でシール厚さが測定できます。

UDM-1200は、シーリング工事における品質確認の為に開発されました。シーリングの種別に関係なく、又下地はバックアップ材を含めて全ての材料に対応し、操作はシーリング表面に探触子を当てることにより厚さが0.1mm単位でデジタルにて表示されます。

シール専用超音波厚さ計 UDM-1200


特長

超音波の特性としてシーリング材内に気泡の巻き込みがある場合は測定不能となり、シーリングに有害な気泡の混入も確認することができます。表示板は大型で見やすい液晶表示板にELによる表示部照明用ランプを採用しており、暗い所での測定にも眼が疲れません。 測定方式は一探触子法による送信エコーから底面エコーまでを計測する方式で、最新のマイクロプロセッサーによりDAC、AGC機能を取り入れ、林状エコー等があっても送信から底面エコー間を確実に計測し厚さを表示します。

各種シーリング材の上から厚さ測定OK

変成シリコーン系、シリコーン系、ポリウレタン系などの1成分形のもの、又2成分系でも脱泡したものであれば全てシーリング材の上から厚さ測定ができます。

バックアップ材の種類による影響

バックアップ材なし、ボンドブレーカー、平板状バックアップ材、丸棒状バックアップ材など全ての条件で測定可能です。

目地底の変形による影響

バックアップ材が波打って目地深さが変化している場合でも何ら測定に影響はありません。又、傾斜状に目地深さが変化している場合でも底面の斜傾が15度程度までなら測定可能です。

測定条件のセットが簡単

マイクロプロセッサーを内蔵しており、操作もタッチキーを押すだけで測定条件のセットが簡単に行えます。

ポケットタイプで携帯に便利

本体の重量がわずか290gと軽量になっておりますので現場での作業性に富み、どこへでも気軽に携帯できます。

オプション機能

任意の値を設定し、その設定値を基準としての差を表示することができます。(DIF機能)

データ集録

本体にBCD出力コネクタを取り付けることによりデータ集録が可能です。 (プリンタ又はパソコンへの転送)

シール専用超音波厚さ計 UDM-1200


ページトップ