• NETIS登録
  • 高性能
  • 電磁波レーダー法

ストラクチャスキャン SIR-3000

GSSI社

新技術情報提供システム「NETIS」に登録(NO.SK-080015-V)。

ストラクチャスキャンはレーダ探査装置の分野で、世界トップシエアを誇る米国 GSSI社がこれまで培ってきた高周波技術を活かして開発した鉄筋探査専用の高精度な電磁波レーダシステムです。また、標準で専用グリッドシートを用いた3Dデータ収録機能が付いており、SIR-3000本体上で、測定エリア(グリッドシートで測定したエリア)直上からコンクリート内部を透過視した3Dデータ(C-SCAN)を見ることができます。

ストラクチャスキャン SIR-3000


特長

  • 生波形が鮮明で、明瞭な山形画像表示のため複雑な画像処理が不要、誰でもプロの判定。
  • 用途に応じた最適な高性能アンテナを選択、さらに確実な探査を実現。
  • 従来の電磁波レーダ装置と比べ、不要な多重反射波(偽像)が少なく複雑配筋やW筋の判定も可能に。
  • 配筋・配管の平面図も容易に表示(簡易3Dを標準装備)、バーコードリーダをアンテナカートに標準装着しているため走査番号を自動認識するため操作が正確でスピーディ(1600MHz/2600MHzのみ)。
  • 自動感度機能(AGC)を標準装備、最適な感度を自動でセットアップ。
  • 探査走査線数を自由に選択、自動モードで最大4Scan/cm、高性能モードでは任意に設定可能なため高精度探査が可能に。
  • 独自のアンテナフィルタ技術を保有、多重反射波の発生を抑制するため密集した配筋・配管やW筋等の判定も可能に。
  • 報告書作成ソフト「GPR Assit-ssソフトウェア」で大量の測定データの整理・報告書作成の支援、パソコン管理、電子ファイルとして転送等、データを迅速に処理し、作業の効率がUPします。

測定例(KEYTEC株式会社 トレーニングルーム内、試験体3による)

ストラクチャスキャン SIR-3000


ページトップ