• NEW
  • 電磁波レーダー法

ハンディサーチ NJJ-105

日本無線

従来比(NJJ-95B)より約2倍の高分解能を実現。

近年、コンクリート構造物の検査は、より分解能の高い探査機器が求められるようになりました。「ハンディサーチ NJJ-105」は、好評の操作性はそのままに、水平方向の探査の高分解能化および浅埋鉄筋の探査精度向上を実現。電磁波をコンクリート表面から内部に向けて放出し、対象物からの反射波をキャッチして対象物の位置や深さを画像で見やすく表示します

ハンディサーチ NJJ-105


新機能

新画像処理の追加

従来の画像処理(原画、固定、減算、マニュアル、ピーク)に加え、平均波処理とユーザー表面波処理を追加しました。

距離方向拡大表示

測定距離表示を2倍にするワイドレンジ表示機能を追加しました。

起動状態選択機能

電源終了時の設定を記憶させる機能を追加することによって、次回探査開始時の時間短縮に貢献します。

深度校正値のワイド化

深度校正値を2.0〜20.0まで0.1ステップで設定可能です。

おもな特長

従来比(NJJ-95B)約2倍の高分解能を実現

より細かい解析に威力を発揮します。

水平方向探査の高分解能化

深度75mm時および175mm時に鉄筋間隔40mmの鉄筋を判別可能。

水平方向探査の高密度化

探査密度を5mmから2.5mmごとに高密度化。

コンパクト・軽量化

本体表示部とアンテナ部が一体化しているので、コンパクト。さらに約1.2kgと軽量のため、片手で容易に操作ができます。

金属から非金属まで探査

レーダー方式により鉄筋などの金属物のほかに、塩ビ管、空洞などの非金属物も探査できます(非金属の探査画像の解析は習熟を必要とします)。

データの保存・再生

1回の測定で15m分のデータを保存・再生できます。

※標準コンクリートでの実測値

ハンディサーチの原理

一般のレーダーと同様に、アンテナから電磁波をコンクリート表面に向けて放射すると、内部に浸透した電磁波はコンクリートと電気的性質が異なる鉄筋、空洞などから反射され、再びアンテナで受信されます。

用途

  • コンクリートアンカー工事、コア抜工事、電気設備工事、空調設備工事、ガス工事分野、水道工事、コンクリート構造物改修工事、コンクリート建造物調査診断、コンクリート橋梁完成検査工事 など。

ハンディサーチの操作方法

コンクリートの断面を画像として表示するので探査対象に対して直角に交わる方向に操作をします。鉄筋断面が山形の画像に変わって表示されます。

密接鉄筋の探査に威力を発揮する、抜群の高分解能!

標準・BAモード表示例

標準・BAモード表示例

垂直断面図(Bモード)と波形表示(Aモード)の両表示により、深度をより正確に探査できます。また、探査物の種類(鉄筋・空洞など)の推定も可能です。

浅・Bモード表示例

浅・Bモード表示例

探査画面の浅い部分のかぶり分解能を約1mmに。より細かい解析に威力を発揮します。

深・BAモード表示例

深・BAモード表示例

従来の探査可能深度を10cmアップして30cmまでの探査を実現しました。


※現場のコンクリートの誘電率に近い誘電率補正ができていることが条件となります。

NJJ-105だから密接鉄筋も複雑配管もここまで見える!

浅モード(0〜10cm)での比較 中モード(10〜20cm)での比較 深モード(20〜30cm)での比較

Radar 3D_Light(オプション)

  • 色によるわかりやすい深度表示。
  • 複雑配管の状態把握が容易。
  • パソコン/モバイル機器による現場のデータ収集が可能。
連続カラー表示と深さ範囲外のグレー表示(例)

RCレポートメーカー(オプション) 報告書作成支援ソフト

報告書作成時間を大幅削減! データ添付がきれいで簡単!

  • 報告書の原本を紙で保存する必要がなくなりました。
  • Bモード画像の貼り付けや、知りたい位置(マーカーの位置)の誘電率補正後の数値が得られます。測定データをビットマップ形式またはJPEG形式で保存できます。マーカーの水平位置や深さも表計算ソフトで読み込みできるCSV形式で保存できます。
  • 画面のスクロールや画像処理が素早くできるので解析作業が効率よくできます。パソコンでハンディサーチと同じ画像処理ができます。
  • マーカーは、ほぼ無制限に追加できます。
イメージ:RCレポートメーカー

ハンディサーチ NJJ-105


ページトップ